· 

【預かり保育】紙飛行機飛ばし大会!!

終了式後の預かり保育のことです。

 

「せんせーい、お外いきたーい!」と、子どもの発言から園庭で遊ぶことに。

みんなでお外に行く準備をしていると・・・

「ん??? あ!!キラキラ折り紙発見!!」

「今日でおしまいだったから誰かがプレゼントしてくれたんじゃない!?」「みんながんばったもんね~♪」「ね~♪」と、お互いの顔を見合いっこ(^^)(用意した私はニヤ♡笑)

 

「そうだ!これで紙飛行機作って、お外で飛ばそうよ!」「いいね~♪」と、子ども発信で遊びが展開されていくことに成長を感じました。折り方がわからないお友だちにもきちんと教えてあげていましたよ。

園庭に出ると、何も合図をしていないのに、子ども達は築山へ走っていきました。どうやら紙飛行機は高いとことから・・・という暗黙の了解があるそうです(笑)

 

しかも、きちんと順番を守って並んでいます。

「いくよ、それーーーっ!!」

「あぁ~、僕ここまでだったよ。」

 

「よし、もう一回やろう!!」

飛ばしては取りに、飛ばしては取りに、、の繰り返しです。

子どもの表情はとても楽しそうです。

「今度はわたしの方が遠かったね!」

 

「もう一回やろう♪♪」

 

「えいっっ!!」

 

「おぉーー!」

すると・・・

 

「なんでここまでしかとばないんだろう・・・。」

十分、飛んでいるのように感じたのですが、納得がいきません。

 

でも、いいところに気が付きました!学びが深まるチャンス!!!

 

 

「何がダメなのかなぁ。」

・・・すると、年長さんが「投げ方の練習をしてみたら?」と、提案。

早速、みんなで投げる練習をしました。

園児①「手を前にして~」

園児②「こう??」

園児①「そうそう、上手。」

園児③「わたしも教えて~♪」

 

ちょっと私からもアドバイス。

「思い切り投げるのと、ゆーっくり投げるのってどっちがいいかなぁ?」

 

「あ!!ゆっくり投げるほうが飛んだ!!」「せんせい、わたしも♪♪」

 

 

「じゃあ、みんなで投げてみようよ!!」

 

「いくよ!」

 

「せーーーのっ!!!」

「それーーーーーっ!!!!」

 

 

 

投げ方が大事だということを学んだ瞬間でした☆

 

 

子ども達と過ごす中で、たくさんのことに【気付き】疑問を持ち、どうしたらいいのかを【考え】やってみようと【実行】ができた瞬間がありました。その瞬間を一番近くで見守ることができて良かったです。

なんといっても、、、私が一番楽しく過ごすことができました!!

一年間、ありがとうございました。