· 

今年度最後の参観日でした(年少・中組)

2月18日(火)は年少・中組の今年度最後の参観日でした。

年少組(ちゅうりっぷ組・たんぽぽ組)

「猛獣狩りに行こうよ」をしているところです。

保育者の「あっ!」に合わせてあっちを向いたり、こっちを向いたり。また、文字数に合わせて子どもたちはお友だちを誘います。「〇〇ちゃん、おいでー。」「こっちこっち!!」とたくさん声が聞こえました。

 

この後、ちゅうりっぷ組は「新聞紙ボール運び」たんぽぽ組は「雑巾がけレース」をしました。写真がぶれてしまったので、写真を載せられませんでした。すみません。

 

このような遊びを通して、ルールを守っておともだちと楽しく遊べるようになり、成長を感じられる瞬間でした。

そのあとは、保護者の方たちと「かもつれっしゃ」で遊びました。

子どもたちもたくさんの保護者の方と一緒にでき、とても楽しそうでした。じゃんけんも上手にできるようになりました。ちゅうりっぷ組の2回戦にはカメラマン中野も急遽参戦することになり、大人げなく2回も勝ち進んでしまいました…(笑)

最後は、「おもいで」(1年間で描いた絵や製作)を振り返りました。

「これはね、運動会で踊っているところ。」「これは糊ではったんよ!!」もうお話が止まりませんでした。

また、3月におもいでを持ち帰りますので、ゆっくりお話を聞いてあげてくださいね。

年中組(うめ組・さくら組)

年中組は「1年間で思い出に残ったこと」を絵に描き、みんなの前で発表しました。

「発表会が楽しかったです」「お餅つきがたのしかったです」クラスのみんなの前、そして保護者の方がたくさんいる中で、よく頑張りました。

時々、先生に助けてもらい、緊張しながらも自分の言葉で素敵な発表をしてくれました。

 

年中さんも、おうちの方と「おもいで」を見ました。

年少さんの時、進級した頃と比べ、様々な変化が見られたのではないかと思います。年中組さんは少し恥ずかしかったのか、めくるのが早く、おうちの方から「もっと見たかったなー」という声が聞こえてきました。3月に持ち帰りますので、またじっくりとお話を聞いてあげてください!!

 

参観日では、保護者の皆様にアンケートにご協力いただきましてありがとうございました。

来年度に向け改善できるところは行い、子どもたちの成長見ていただけるよう、努めてまいります。

あと、1か月ほどとなりましたが、引き続き、よろしくお願いいたします。