· 

【預かり保育】8月19日の預かり保育

お盆休みが明け、久しぶりの登園の子ども達です!!

朝、登園してきた子どもたちは、お友だちと遊びの相談をしていました。

「ハンカチ落としやろうよ!!」

「いいよー。タオルはあるけどハンカチはないね…。」

「これどう??パックンチョ!!」

「さんせーい!!」

やはり子どもの頭は柔軟ですね。

そして、優しいですね、軽いから手の上においてあげたんですって♡

「まてー!!」

さすが年長さん、動きが素早い!!

ですが、あまりに必死に逃げてしまい、座らなければならない場所を何度も過ぎてしまう子ども達でした(笑)

そして、鬼に捕まってしまったお友だちは「真ん中に座る」ではなく、「インタビューをされる」と言う子どもらしいルールに変更され、遊びの中で、子どもの柔軟性を感じた一コマでした。

そしてもう一コマ・・・

今度は、遊戯室での出来事です。

今日は天候が不安定で、少し肌寒く、雨も降ってきそうだったので、プールをせず、お遊戯室で大型積み木して遊びました。

そのお片付けの時間・・・

「ここがはみ出てるんだけど押しても戻らない。」

「どうして?僕も手伝おうか?」「お願い。」

「この大きいブロックで押したらたくさん力がはいるかもよ!!」

「よいしょ!!よいしょ!!」

「やっぱり動かない・・・。」

すると、その声を聞いた他の子どもたちが・・・

「私もお手伝いする!!」「僕にもやらせて!!」

あれよあれよと、大きなカブのようなスタイルに(笑)

年少さんは、たまたま通りかかった理事長先生にご挨拶です(笑)

 

「よいしょ!!よいしょ!!」

「全然動かない!!」

なかなか手ごわい大型積み木たち。

次の手段に向け子どもと相談しようと子ども達を見ると・・・

なんとなんと・・・

 

人数が増えていました(笑)

子ども達の子の姿を写真に収めていると子どもからひと言

 

「先生、写真はいいから手伝ってよー!!」

私「はい」

 

しかし、この人数いても積み木さんは動いてくれませんでした。

私「なんで動かないんかね?どこがおかしいのかな??」

子「どこかに隙間が空いてるんじゃない?」

私「そうかもね!どうしたらそれが分かるかな?」

子「前の積み木を動かしたら見えるんじゃない?」

 

子ども達で調べてみました・・・すると

 

「あったー!!」

隙間発見!!!

しかも、一番奥。こどもたち、よく頑張りました!!

 

しかし、ここからが問題・・・

みんなで押しても動かない。

私「なんで動かないんかね?どうしたらいいかね?」

子「ちょっとずつ動かしたら?」→ビクともしませんでした。

子「上に乗ってるのを全部おろす!!」

→お弁当前で、子ども達の体力もだいぶ減っていました。私が動かそうとすると、年長さんが

 

「ここまで来たら、自分たちでする!!がんばろう!!」

 

子どもたちのたくましさに圧倒されました。

 

年長さんを中心に、上からおろしていき、

見事に隙間を埋めることができました!!

 

子ども達も「できた―」と大喜びでした。

 

そのあとも最後までお片付けをがんばりました!!

「ボコボコになっているからまっ直ぐにして。」

同じ高さになるように年長さんが調整してくれました。

みんなの協力で、あともう一歩です!!

そしてついに・・・!!

綺麗に片付きました!!

最後は、みんなで「できました!!」のポーズです。

 

少し時間はかかりましたが、子ども達の力に感動でした!!

これからも子ども達が色々な経験ができるようにしていきたいです。

 

最後にボールを片付け忘れていたので、急いで片付ける子どもたちの写真でおしまいにしたいと思います!!