· 

今日もたくさん外で遊びました。

今日は、子どもたちがなぜだかよく走っていました。

鬼ごっこでもなく、何かに変身しているのでもなく、

走っていました。

 

年中さんは、自分たちで線を引き

「よーい、どん!!」と声を掛け、園庭の端から端まで走って

「どうだった?」

と、順位を確認し、またスタート地点に戻り

「よーい、どん!!」

 

何回か走ると、ベンチで休憩してまたスタート地点へ・・・

 

寒さに負けず、元気いっぱいです。

年少さんが大きな水たまりに葉っぱをつけて

ゆらゆらさせていました。

「何してるの?」

とお友だちや先生が寄ってきました。

 

「なんか、楽しいよ。」

とゆらゆらさせている子どもたちが話していたので

「この葉っぱ、どこにあるん?」

と探し始めました。

この葉っぱはどこにあったのでしょう?

 

この場所がお気に入りの子どもたち。

今日も何やら楽しそうな声が聞こえました。

「鬼だぞ~!鬼だぞ~!!」

「ガオ~!!!」

節分の体験が遊びに繋がっているようです。

「せんせい、お誕生日するからこっちに来て!」

と誘われて、砂場の横のハウスに行きました。

(このサイズ感、覚えておいてください)

 

ハッピーバースデーを歌い、ロウソクを「フ~」したり

「こて」をガスライターに見立てて

「僕がろうそくをつけるね。」と砂の上をカチャカチャしたり

していました。

(下の写真でその様子がわかりますか?)

そして最後の写真は、矢印の場所へ

「せんせい、ここに座って」

と子どもたちが言っています。

「先生は大きいからここには入れないなぁ」

と言うと

「じゃあ、代わってあげよう」

と子どもたちが奥に行きました。

 

入口に斜めに座ると(テーブルが小さいので足が入らないのです)

「せんせい、僕みたいにまっすぐ座ってごらん」

「ううん、入らないなぁ・・・」

「そっか~。」

 

またしばらくすると

「せんせい、ちゃんとこっちに向いて座って」

(足がテーブルの中に入らないので外を向いて座っていたのです)

「足が入らないからなぁ」

「じゃあ、僕がもっとこうすればいいかも」

「せんせい、もっとこっち来ていいよ」

 

何度もこの会話を繰り返しました。

子どもたちは、どうにかしてみんなでテーブルを囲みたかったようなのです。

先生が大きすぎてごめんね。