· 

もうすぐ鬼のお面が完成します

一生懸命、鬼の顔を描いているなあ・・・と思って子どもの顔を見ると、

くろい「おひげ」がありました。

 

「ぼくも鬼になったんよ!」と教えてくれました。

 

黒いビニールテープがひげになったり、眉毛になったり、

周りのみんなも楽しそうに見ていました。

 

二人でずっと立っていたのでどうしたのか聞いてみると

「黒のテープがなかなか返ってこないんよ。」

と、お友だちが使い終わるのを待っていました。

(一番最後の写真にその様子が写っていました。)

 

ようやく、テープが使えるようになって、

「どこに眉毛を貼ろうかな?」と考えています。

 

隣の女の子はずっと一緒にテープが戻ってくるのも待ってくれ、

作っている最中も相談にのってくれていました。

郵便ごっこの手紙を書いているお友だちの隣で、

綿や毛糸をを鬼の髪の毛にしようと頑張っています。

ボンドがうまくつくかなあ・・・

どれくらいの長さにしようかなあ・・・

いろいろアイデアが浮かんでいます。

「せんせい!せんせい!!ガオ~!!」と

何度も行き来しては「ガオ~!!」

 

節分が楽しみです。