· 

2学期を振り返って(年中組)

 

<うめ組>

 

 2学期は、お友だちと一緒に楽しく踊り、最後まで一生懸命走り抜けた運動会や、本番で多くの人の前で緊張しながらも堂々と演じ、歌った発表会など、多くの行事からたくさんのことを経験し、大きくたくましく成長したうめ組さん。

  日常の生活では、1学期の時より多くのお友だちと関わる姿が見られました。かるた遊びや、戸外での鬼ごっこなどを通して、「○○くん、一緒に遊ぼう!」「いいよ」「私も入れて」と、どんどん輪が広がりました。

  2学期から取り入れた“ロッカーせいりめいじんをめざそう!”では、ロッカーの整理ができたら、名簿表に自分でシールを貼り、月の終わりにはキラキラのご褒美シールが貰えます。今まで整理整頓をあまり意識していなかった子も、「先生、見てみて!きれいにできたよ」と自発的にできる習慣がつき始めました。

 

 3学期は年長組に向けて、自分で考えて行動できることを増やしていけるようにし、残り3か月をみんなで笑顔いっぱい、楽しく過ごしたいと思います。

 

 

<さくら組>

 

運動会や発表会、遠足など2学期は楽しいことがたくさんありました。子ども達は一つの行事を終えるごとに大きく成長したように思います。運動会のリズムダンスでは、楽しく踊るだけでなく、みんなで踊りが揃うにはどうしたらいいか話し合いました。発表会は、はじめて挑戦することだらけでした。楽器演奏では、みんなで奏でることの難しさや嬉しさを感じたり、舞踊劇では、自分の役に責任をもち、一生懸命練習に取り組んだり、自分の出番ではない時は友だちの演じている様子をじっと見て同じように動いてみたり、心の中で応援したりと劇を行う中で、みんながいるから劇ができるということに気付いていきました。一人ひとりの成長はもちろんのこと“クラスのみんなで力を合わせる”ことで友だちとの仲もより深まったように思います。

  

 1学期のときは先生の問いかけに「○○」と単語で答えていましたが、「~です。」「~が好きです。」などと最後まできちんと言えるようになってきました。

 

 また、先日の絵馬作りでは、「縄跳びを跳べるようになりたい」「足が速くなりますように」「年長さんになったらピアニカが上手にできますように」など、来年頑張りたいことやお願い事の絵を一生懸命描きました。3学期は、一人ひとりの目標や努力にしっかり注目し、さらに成長していく子どもたちを全力で応援したいと思います。

 

 

<製作遊び>

 

 2学期から、自由遊びの時間に空き箱などを使って製作遊びを行っています。最初は空き箱をただ重ねるだけだったのが、空き箱を切り抜いて新しい形にして組み合わせるなど、作りたいものを想像しながら何がいるかなど考えて作る様子が見られるようになりました。

 

 発表会の時期には、お好み焼きの入れ物を2つ使ってシンバルにしたり、紙皿とペットボトルの芯でカスタネットにしたりと手作り楽器を作って演奏して遊んだり、最近は作って終わりではなく、作って遊べるものを作る子も多くなってきました。ピタゴラスイッチを真似て作ってみたり、輪投げを作ったりと子ども達の発想力に驚く日々です。3学期は、どのような物を作りだしてくれるのか楽しみです。

 

 

<大掃除>

 

  新しい年を迎える準備のため、2学期終わる前に、みんなで大掃除をしました。毎日使ったお道具箱やロッカー、机や椅子、靴箱を自分たちの手で汚れを落としていきました。また窓ふきや廊下掃除、床の雑巾がけなどグループに分かれて掃除をしました。汚れた雑巾を見て「汚れがとれている!」と驚いたり、「綺麗になったね」と喜んだりする姿が見られました。ぜひ、お家でも大掃除のお手伝いを頑張ってね!

 

 

 2018年、子ども達と毎日たくさん笑ってとても楽しい1年でした。

保護者の皆さまにはたくさんのご協力を頂きまして、本当にありがとうございました。

2019年も子ども達と共に大きく成長していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

体調に気をつけて楽しい冬休みをお過ごしください。また3学期に元気いっぱいの年中さんに会えることを楽しみにしています。