· 

発表会の練習の様子です。(年中組)

 

 発表会の日が段々と近づいてきました。子どもたちは日々、練習をとても頑張っています。

年中組は、うたと楽器遊び、舞踊劇をします。

 

 楽器遊びでは年少組のときにも使ったことのあるカスタネットや、年中組になって初めて触れる、トライアングル、すず、タンバリン、ウッドブロックを使って演奏します。

 

自分のパートを覚えてピアノに合わせて音を出すことに、初めは「むずかしい…」と苦戦しながらも練習を重ねて、少しずつ周りの音とも合わせられるようになってきました。

 

 

 舞踊劇では、CDのセリフや音楽に合わせて演じたり、踊ったりします。自由遊びの時間にCDを流すと、自分の役はもちろん、お友だちのセリフや振り付けもバッチリ覚えているのでノリノリで演じていたり、劇中の歌を口ずさみながら遊んだりしている姿が見られます。また、朝一番に「今日、劇の練習する!?」と聞いてきて、「するよ!」と答えると。「やったー!頑張ろう!」と子どもたち自身が楽しんで練習に取り組んでいます。

 

 

 先日、20日には予行練習を行いました。

 

 大勢の前でステージに立つということで「緊張するね」「ドキドキする」と、いつもの練習と違う雰囲気に緊張気味の子どもたちでしたが、練習の成果を発揮して頑張りました。終わった後「楽しかったー!」「またやりたい!」と、まだまだパワーが有り余っている様子に頼もしさを感じました。

 

 

本番まであと少し。一生懸命練習して、成長した子どもたちの姿を楽しみにしていてください!