· 

お弁当の様子です。(年少組)

2学期から箸の練習に取り組み始めました!!

お家から持ってきた箸や矯正箸を使ってお弁当を食べています。

子どもたちは、とても真剣な表情でおかずを掴もうとしています。口に入ると、「ん~おいしい!」と満面の笑みでした。

お友達が箸を使っている姿を見て、「僕もやってみたい!」「先生、どうやってやるん?」「教えてー!!」と、次々に子どもたちが箸の使い方を保育者に聞いてきます。年少組は興味津々のようです。

お弁当を食べるときの約束として、箸の持ち方、お弁当に手を添える、お弁当を食べるときの姿勢、(口に入ったまま)立ち歩かない、などに気をつけています。

「これ、いやなんだよね~」「私、応援してあげるよ。がんばれがんばれ!」と、隣のお友達や保育者に見守られながら、苦手な食べ物にも挑戦する姿が増えてきました。

箸が苦手な子どもたちは矯正箸を使っています。おうちの方と連携を取りながら矯正箸から箸に移行していく予定です。

おうちでも箸に触れる時間を少しずつ増やしていってみて下さい。

「みてみて~!」「こんなに上手に持てるんだよ~!」と。嬉しそうにお弁当を食べています。

お友達のお弁当を見て、「おいしそうだね。あっ、一緒のが入ってる。」「これ、ママが作ってくれたんだよ。」と会話も楽しんでいます。「帰ったらママにいつもありがとうって言うんだ~!」と、感謝の気持ちも忘れない年少さんたちです。