· 

1学期を振り返って(年少組)

先日、無事に一学期を終了することができました。ご理解、ご協力ありがとうございました。

 

入園当初は「ママがいい…ママに会いたいよ。」「お家に帰る。」とおうちの人が恋しく、涙をためながらの登園だった年少さん。今では、「先生、なんで明日はお休みなの?」「あと何回寝たら幼稚園に行ける?」「〇〇ちゃんはいつくるの?」などと喜んで登園してくれたり、「今日は公園(園庭)で何しようかな?」などと楽しい幼稚園生活を送ったりできるようになりました。あの頃が、懐かしく感じます。

 

【ちゅうりっぷ組】

ブロックやままごと遊びでは、うまく思いを伝えられずおもちゃの取り合いになっていましたが、仲の良いお友達も増え「かしてー」「いいよー」のやり取りも上手になりました。

身支度も「できない」「先生やってください」と涙が出ることもありましたが、できたことが自信につながり、最近は時間がかかっても自分で最後までやろうとする姿が見られます。

お弁当では、「これ嫌いだから食べない。」と苦手なものはなかなか進まない子もいましたが、頑張って食べたことを「すごい!!」「頑張ったね!!」と認めていくと、「先生、これ嫌いじゃけど、食べれるけん見てて。」と進んで食べられるようになり、食べた後の表情は誇らしそうでした。

二学期にはお箸にも挑戦。子どもたち一人ひとりのペースで進めていきたいと思います。

 

 

【すみれ組】

最初は何をどこへ何を片付けていいのかわからなかった子どもたちでしたが、自分のマークを覚えたり、お友だちに「こうするんだよ」と教えてもらったりして、自分でできることも増えました。

遊びの面では、初め友だちと”というよりは“一人で”ということが多かったのですが、遊びを通して「貸して」「いれて」「一緒に遊ぼう」などのやり取りも聞かれたり、友だちと同じものを作ったり、持ったりと徐々に“友だちと一緒に”ということが増えていきました。外で遊ぶことが好きなすみれ組さん。園庭に落ちている葉っぱやお花を拾ったり、虫探しにも夢中になったりしています。

お弁当では、準備もスムーズに行えるようになりました。全部食べることがうれしいようで「先生、全部食べたよ!!」「見て!見て!!ぴかぴか!!」と空になったお弁当箱を持ってきてくれることが増えました。食事のあともお弁当の巾着袋のひもを結んでみたり、片付けができると「かっこいい?」と聞いてくる子が増えるなど、落ち着いて待つことができるようになりました。

二学期は行事が沢山あるのでクラスや学年の友だちと一緒に体を動かしたり、季節の植物、生き物と触れ合ったりしていきたいと思います。

 

 

【たんぽぽ組】

一人遊びから次第に友だちの存在を知り、気の合うお友だちも出来てきました。「幼稚園がいい!!」「〇〇ちゃんと遊んどるんよー!」という声も聞くことができ、とてもうれしく思います。

園生活にも慣れたことで、自分でできることも増えました。朝の支度も一人でしようと頑張り、お弁当も最初は手をつけなかった苦手なものにも挑戦中です!!

今では幼稚園が大好きなたんぽぽ組さん。二学期もたくさんの行事がありますが、一つひとつの行事を乗り越える中で、“友だちがいるから楽しい”、“友だちがいるから一緒にがんばることができた”という気持ちが実感できるよう、友達との関わりを大切にしながらみんなで楽しく過ごしていきたいと思います。

 

二学期は、運動会、遠足、発表会などたくさんの行事が待っています。夏休み明けに、子どもたちからの楽しいお話、そして元気な顔を見ることができるのことを楽しみにしてます。