· 

体操教室がありました。(年中組)

 今回の体操教室では、初めてとび箱をしました。最初は不安な様子も見られましたが果敢に挑戦しました。

 

 まずは、準備体操と柔軟体操をしました。元気よく体を動かしたあと、ささぶね“という体操をしました。

 

 

 写真のように仰向けになり、両足を浮かせ、足先を頭側にもっていきます。その時に腰をしっかり手で支えます。ささぶねをするのは2回目なのですが、最初の時よりも腰が上がるようになりました。

 次に、両足でジャンプをする練習をした後でいよいよ、とび箱の登場です。最初はとび箱に飛び乗ることをしました。そして講師の先生からとび箱をする時のポイントとして、とび箱の前で、両足をそろえてジャンプ(踏切り)をすることと、遠くに手をつくことの2つを教えてもらい、子ども達は、集中して話を聞いていました。

 

最後に、遠くに手をつくことを意識して、“とび箱に座る”ということをしました。“足を開きながらジャンプをする”ということが難しい子もいましたが、一度できるとコツをつかみ、上手にできていました。「最初は怖かったけど、できると楽しいね!」「今度はとび箱に座らないで、飛び越えたいな。」と言う子もおり、怖がることなく楽しく行うことができました。