· 

歯の衛生週間です。(年少組)

今週は歯の衛生週間ということで、歯を大切にすることを意識できるように過ごしていきました。

まず、はじめに画用紙で歯ブラシを作りました。ブラシの部分を手でちぎり、一人ひとり歯ブラシが完成。「先生できたよ!」「みてみて!」と喜びながら見せてくれました。“はをみがきましょう”の歌に合わせてブラシを動かしたり、お友達の歯も磨いたりと、“歯”への興味が出てきました。

次に遊戯室でバイキンをやっつけごっこをしました。「みんなはこの歯ブラシで何をするの?」という保育者の問いかけに対し、「歯を磨くんだよ」「虫歯バイキンをやっつける」「えいえいってする」という一人ひとりから言葉が返ってきました。保育者がバイキンとなり、みんなを追いかけると「えーん、こわいよ。」と泣き出す子や、「僕がやっつけてあげる!」「えいえい!」「どうだー!」とバイキンをやっつける姿がありました。子どもたちの頼もしい姿も見ることができました。

歯磨きの様子です。今度は実際に歯ブラシを使って歯磨きをしました。“い“の口、“あ”の口で歯磨きをした後、うがいは3回と指導をしています。「きれいになったー?」「みてみて!」「虫歯バイキンやっつけたよ。ほら、あーん。」と保育者に見せたり、友達同士で見せ合いっこをしていました。帰り際には「寝る前にもするんだー!」「痛くなるのは嫌だもんね」と自分の歯を気にかけようとしていました。これからも自分の歯に関心を持ち、大切にしていけるよう取り組んでいきたいと思います。