· 

1年を振り返って(年中組)

友だちとたくさん遊びました。

 年中組になってクラスも変わり、新しい友だちもできました。最初は一人遊びをしたり年少の時に同じクラスだった友だちと遊んだりすることが多かったのですが、少しずつ新しい友だちともかかわっていくようになりました。「〇〇くん、今日一緒に遊ぼう!」「〇〇ちゃん、一緒にお絵描きしよう。」など誘い合うようになり、遊んでいる中で「鬼は何人にする?」「誰が(ドッチボールの)外野に行く?」と相談したり、ルールを決めたりすることもできるようになり、遊びの幅も広がっていきました。

 

発表

 4月当初と比べると、進んで発表することが多くなりました。最初は恥ずかしくて手を挙げられなかった子も、友だちが発表している姿を見て少しずつ手を挙げるようになったり、「私も。」と発表した内容に共感しあったりするようになりました。また、「~です。」と最後まできちんと言えることができるよう子どもたちへも声をかけていき、少しずつ自分で意識しながら発表できるようになってきていると思います。

 

体操教室

 年中組になり「体操教室」も始まりました。カワイ体操教室の先生のご指導の下、鉄棒や跳び箱にも挑戦しました。特に2,3学期に行った「縄跳び」は、それぞれが目標をもって練習していきました。始めはなかなかうまく回せなかった子どもたちでしたが繰り返し練習する中で「こうやって回したらいいよ。」と教えあったり「〇〇ちゃん、たくさん跳べてすごいね!」とみんなで喜び合ったりして、だんだん上手に跳べるようになりました。3月に行われた「縄跳び大会」では、練習の成果を発表することができ、子どもたちも達成感を味わいました。